就活応援ウェブマガジンJobManga マンガで企業研究 会員登録 ログイン
トップページ > 就活ノウハウ > 学生が間違いやすい敬語チェックリスト8

学生が間違いやすい敬語チェックリスト8


こんにちは!
JobManga(ジョブマンガ)編集部の「まつじゅん」ことマツモトジュンヤです。

敬語って言い慣れていないとなかなか難しいですよね。
今回は、特に間違いやすい敬語を8個、ご紹介します。

CASE1

×わかりました!
〇かしこまりました!

「わかりました」「かしこまりました」「了解しました」「承知しました」「了承しました」など、様々なパターンがありますが、ビジネス敬語としての正解は「かしこまりました」と「承知しました」です。

CASE2

×会いました
〇お会いしました

言葉の頭に「お」や「ご」を付けて敬語にするケースです。
ちなみに、言葉に平仮名が入る場合は「お」を、漢字のみの場合は「ご」が使われることが多いです。

CASE3

×おっしゃられる おっしゃられることに大変興味を持ちました。
〇おっしゃる おっしゃることに大変興味を持ちました。

おっしゃられるは、「おっしゃる」と「られる」の二重敬語になるため誤りです。

CASE4

×見てください
〇ご覧ください。

見るの尊敬語が「ご覧になる」です。なお、「ご覧になってください」とした場合も誤りで、「ご覧」と「ください」の二重敬語となってしまいます。

CASE5

×すみませんが、もう一度お願いできますでしょうか。
〇恐れ入りますが、もう一度お願いできますでしょうか。

「すみませんが」は謝罪のための言葉です。一方、「恐れ入りますが」は相手への敬意と感謝を込めた言葉となります。
何か迷惑をかけた時には「すみませんが」で正しいのですが、今回の場合は謝罪すべきことではないため、「恐れ入りますが」が正しい例となります。

CASE6

×ご苦労様でした。
〇お疲れ様でした。

「ご苦労様でした」は目下に対して、お疲れ様でしたは目上に対しても目下に対しても使える言葉です。

CASE7

×参考になりました。
〇勉強になりました。

「参考」にするというのは、何かの“足し”にするという意味で、目上に対しては失礼な表現です。

CASE8

×社長様
〇社長

役職に直接「様」を付けるのは誤りです。「社長の○○様」と呼びましょう。

いかがでしたでしょうか!間違いやすい敬語8つでした!
敬語の細かいルールについては、またの機会にご紹介させていただきます。

その他、就職活動の不安や悩みがある方は、
是非JobMangaのLINE@に投稿してみてくださいね!

今すぐ友達登録する

マツモトジュンヤ
早稲田大学在学中、学生団体Pridarity(何でも屋)を立ち上げ代表を務める。その取り組みの中で、数多くの学生の就職活動に関わっていたが、その横並びの就職活動に疑念を抱き、某大手就職情報サイトへの入社を決意。内側から就職活動の文化を変えていくことを決意する。千葉大学、茨城大学、秋田大学、横浜国立大学、東京理科大学など、全国で100大学以上の就職支援を担当し、「面接対策講座」「ES講座」「業界研究講座」等の学生向け就職支援講座を受け持つ。2018年4月には株式会社シンフィールドにジョイン。現在はジョブマンガ編集部として活躍中。

日本最大級の歯科医療総合情報サイト 完全無料Dentwave