就活応援ウェブマガジンJobManga マンガで企業研究 会員登録 ログイン
トップページ > 就活ノウハウ > 【これはNG!】面接でやってはいけない3つの基本的なこと

【これはNG!】面接でやってはいけない3つの基本的なこと


こんにちは!
JobManga(ジョブマンガ)編集部の「まつじゅん」ことマツモトジュンヤです。
面接でやってはいけない3つのことをご紹介します。

その1.遅刻・早すぎる訪問


遅刻は論外でNGですね。時間を守るのは社会人として当たり前(社会人でなくても当たり前)です。
出来るだけ早く“オフィス周辺に到着”にできるようにしましょう。

ただし、早い時間に企業に訪問してしまうのはこれまたNG。面接開始1時間前に来られても、企業からすると迷惑でしかありません。
“予想外”のことなので、対応に困ってしまいます。目安として面接開始の5分前に訪問するようにしましょう。

遅刻も早すぎる訪問もNGです。
どちらも避けるために、面接開始1時間ほど前にオフィス周辺に行き、散策をして緊張を和らげるのも良いかもしれません。

ちなみに電車遅延など止むを得ない事情による遅刻は仕方ないです。企業側もその点は考慮してくれるはず。
ただし、無断で遅刻するのはどんな理由があれNGですので、必ず企業に直接事前に電話するようにしましょう。

その2.リアクションが薄すぎる・過剰すぎる


面接で就活生のリアクションが薄いと、面接官も気分が下がってしまいます。
リアクションを薄くしない。これは当然のことのように思えますが、実はできていない学生さんが多いのです。

面接では“伝える”ということに意識がいきやすいので、面接官が説明している間は油断し、リアクションが薄くなってしまう傾向にあります。
必ず、面接はコミュニケーションの場だということを意識し臨みましょう。逆に、リアクションが過剰すぎてもNGですので、調整が必要です。

その3.挨拶をする


自分から挨拶ができていないケースが多いです。面接官より先に挨拶をする、ということを心がけましょう。
挨拶は基本中の基本ですが、日ごろから挨拶に慣れていない就活生はこれを自然にすることができない。逆に日ごろからご近所さんとも挨拶をしている人はこれがなんなくできます。
自分が挨拶慣れしていない、と感じたら慣れるまでは必ず意識して面接に臨むようにしましょう。
実はこうした基本的なところが見られています。

今回は面接対策の中でも基本となる3つの事柄について話をしてきました。
また応用編についてもお伝えしていきますので、楽しみにお待ちください。

その他、就職活動の不安や悩みがある方は、
是非JobMangaのLINE@に投稿してみてくださいね!

今すぐ友達登録する

マツモトジュンヤ
早稲田大学在学中、学生団体Pridarity(何でも屋)を立ち上げ代表を務める。その取り組みの中で、数多くの学生の就職活動に関わっていたが、その横並びの就職活動に疑念を抱き、某大手就職情報サイトへの入社を決意。内側から就職活動の文化を変えていくことを決意する。千葉大学、茨城大学、秋田大学、横浜国立大学、東京理科大学など、全国で100大学以上の就職支援を担当し、「面接対策講座」「ES講座」「業界研究講座」等の学生向け就職支援講座を受け持つ。2018年4月には株式会社シンフィールドにジョイン。現在はジョブマンガ編集部として活躍中。

適職診断テストはこちら